校長先生より

池田 敬治校長
(2019年4月1日より)

 里庄中学校は、以前からJRCの理念を取り入れた教育をすすめ、「気づき」「考え」「実行する」を目標として、「2分前行動ができる」「はきものをそろえることができる」「あいさつができる」などの素晴らしい実践に取り組んでいる学校です。

 令和4年度は、教科・教科外で、里庄3ションプログラム(プレゼンテーション、ディスカッション、リフレクション)に取り組むことで、「非認知能力」の向上を目指し、学校教育目標の「心豊かに学ぶ生徒の育成」の達成につなげてまいります。

【プレゼンテーション】
 ・自分の意欲や情熱を表現する機会を設け、自分を高める力を育みます。
 (教科)ペア学習やグループ学習、課題学習の発表など
 (教科外)短学活におけるスピーチや調べ学習の発表など    

【ディスカッション】
 ・他者とつながり、支え合い、生かし会う機会を設け、他者とつながる力を育みます。 
 (教科)演習問題の教え合い活動、ICTを活用した意見交換など
 (教科外)校外研修や学年集会等でのSAFプログラム

【リフレクション】
 ・自分を振り返り、見つめなおす機会を設け、自分を整える力を育みます。
 (教科)各教科の振り返りシート
 (教科外)生活ノートの活用、テストや行事の振り返りなど

 また、本校では、教育に対する関心が高く協力的なPTAや地域の方々、町内の小学校や近隣の高等学校とも連携を図りながら、様々な取り組みを進めていきます。

○家庭との連携
  ・スマホやゲームの時間の縮小など、生活習慣の改善に取り組みます。
○小中との連携
  ・出前授業や合同授業等の交流をすすめ、スムーズな接続を目指します。
○中高との連携 
  ・高校の先生による、教育講演会や出前授業を積極的に行い、適切な進路選択ができるようにします。

 この他にも、まこもだけの栽培、チョボラ等、多くの地域の方々のご支援をいただきながら様々な体験活動を行っていきます。

  感染症予防対策のため、活動の変更・中止の可能性もありますが、工夫しながら教育活動を行い、生徒達の「豊かな心」の育成を図っていきたいと思います。