JRCについて

里中とJRC(Junior Red Cross)

本校は、昭和22年以来、毎年青少年赤十字
全校加盟しています。
岡山県では、全校をあげての加盟は珍しく、
JRC活動が定着している、No.1の学校だと自負しています。
日本赤十字社に、その長年の活動を評価していただき、
団体としては最高の名誉である、「金色有効章」をいただきました。

クリックすると大きい画像になります


JRCについて

青少年赤十字の2つの目標

○態度目標---気づき、考え、実行する---
(1)気づく--身近な問題の発見

注意深い生活を送ることにより、いろいろな事に気づく。
2つの目で見るとともに、心の目で見て気づく。

(2)考える--事実と必要性(Need)の確認

本当に必要な物は何か、よく考え調べる。
自分でよいことをしたと思っても、相手にはありがた迷惑
になるかもしれない。
(3)実行する--実行する

気づき、考えて、準備してきたことに従い実行する。


里中での主なJRC活動

クリックすると大きい画像になります

(1)2分前行動とノーチャイム

本校には授業の始めと終わりを告げる、チャイムが鳴りません。
生徒には、教室や廊下にある時計を見ながら行動する「2分前行動」
が身に付いています。2分前には行動し、授業の始まりは全て準備が
整った状態でむかえられるように1人1人の生徒が心がけています。
ノーチャイムは長年にわたって続けられており、その生活パターンは
定着しています。指示されて動くのではなく、自分から主体的に動く
ことが、目的です。
(2)掲示板の活用

各学年の通路に学年連絡用の掲示板が設けられており、
これを利用して日々の生徒への連絡が行われています。
注意深く、生徒自ら動いています。
(3)1年生閑谷研修

本校では入学式が終わってまもなく、新1年生が、1泊2日の
閑谷研修へ出発します。
研修のうちに里庄中学校の青少年赤十字活動に対する精神と
その基本原則を学ぶことを、目的の1つとしています。
指示は掲示によって行い、2分前行動を徹底し、
VS活動などを体験します。

JRCリーダーシップ トレーニングセンター
夏休みに行われる希望者のみのJRC-LCT、通称トレセン

トレセンとは「人道、博愛」の赤十字精神を学習実践し、
青少年赤十字の意義と必要性とを熟知することにより、各校の
リーダーを養成するとともに、奉仕活動の実際的知識と
技能を修得する、ということを目的とした、3泊4日の
宿泊研修です。
トレーニングといったことから大変な作業なのかなぁ・・?
と想像してしまいがちですが、そうではありません。
他校の人とHRをつくり、ゲームをしたり、閑谷の周辺の
山を登ったりするフィールドワークもあり、最後の夜には
キャンドルサービスでHRごとに劇などの出し物をして楽
しみます。
もちろん、その中にでもJRCの精神を学び、その場だけ
でなく、帰ってきてからの学校生活にも生かすことができ
ます。

JRC交歓会

平成15年11月20日にマカオから2名のJRCメンバーを迎えて交歓会を開きました

左から通訳の里庄中学校の先生、マカオのJRCメンバーのチェリーさん、ジュンさんです。
生徒会がマカオに関する○×クイズを行いました。
マカオのJRCバッチです。○×クイズの全問正解者に送られました。